カルロスゴーン会長捜査へ・逮捕の可能性も!!金融商品取引法違反で

スポンサーリンク

こんにちは!

アキです

今回は日産自動車の会長として知られるカルロスゴーンさんに金融商品取引法容疑の疑いで捜査が愛しされたとの情報が速報で上がってきましたのでそちらをご紹介していきます。

『カルロスゴーン会長捜査へ・逮捕の可能性も!!金融商品取引法違反で』

という題名で今回は送りしていきますのでぜひ最後までお付き合いいただけたらと思います!

カルロスゴーン会長捜査へ・逮捕の可能性も!

日産自動車の会長として知られているあのカルロスゴーン会長に疑惑が生まれたということで今回東京地検特捜部により捜査が入ることになりました。

内容はというと自らの報酬を過小に申告していた疑いがあるとのことで捜査が入ってしまったようです。

また、容疑が固まり次第逮捕する方針であると発表されています。

かなりの一大事なのではないでしょうか?

これは一体どうあることやら…

また、現在カルロスゴーン会長の役員報酬は7.3億円と10億円を下回るとのことで、この申告が過小に申告していたのではないかということだそうです。

まだ情報がほとんどないため今後も注目が集まりそうです。

金融商品取引法とは?

また、カルロスゴーン会長にかけられた容疑として金融商品取引法違反ということですが一体どのような容疑なのか、ということですが

証券市場における有価証券の発行・売買その他の取引について規定した法律

引用元:Wikipedia

とされています。

ざっくりいうとお金に関する様々な取り決めといったところでしょうか?

今回カルロスゴーン会長にこの法律に違反する可能性があるとして捜査を開始されているそうです。

また、金融商品取引法違反になると刑罰も最悪の場合あるそうです。

なのでかなり衝撃的なニュースですね…

一体これからどうなるのか情報が入り次第追記していこうと思います。

まとめ

ということで今回は日産自動車会長のカルロスゴーン会長が金融商品取引法違反の疑いで捜査開始、容疑が固まり次第逮捕する方針であるとのは報道がされましたので『カルロスゴーン会長捜査へ・逮捕の可能性も!!金融商品取引法違反で』

という題名でご紹介していきました。

一体これからどうなることか…

まだ確定していない情報も多数ありますのでチェックして行く必要がありますね!

それでは、今回は以上になります。

また次回のためになる図鑑でお会いしましょう!

さよならー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする